フェルト制作アトリエの春夏秋冬

チホレーヌのブログ

「円めがねのひつじ歳時記」

帽子作りのこと、素材のこと、羊やフェルトに関する資料、本建て正藍染めなど、四季折々、フェルト作家のアートな暮らしを綴ります。

日本紫と日本茜の芽が出ました


「木の芽雨」

激しい雨も未明には止、外に出てみると、 芽が出てるー!! 日本茜の芽が、ポン、ポンッ!ポンッ!!(写真2枚目) 和綿の区画に居候中の日本紫も、ポコっ!ポコっ!!(1枚目) 図鑑に多年草と書かれていたので、夏が過ぎてからは当然地上部はすっかり枯れてしまってて、、、 根で染色するので、大事な地下茎を掘り返す訳にも行かず、 秋からずーっと辛抱、辛抱の冬越しでした。 なんだか、 「となりのトトロが夜中の庭で傘を手に踊ってどんぐりの芽を出すワンシーン」みたいに、 土から芽を出した音さえ聞こえてきそう。 トトロ来てくれたー♪

大きく育ってちょうだいな。

3枚目は、去年の夏の日本紫の白い可憐な花。 とても小さくて、小指の爪の半分くらいです。 そろそろ藍の種を蒔く準備もしましょ。

#Naturaldyeing草木染め #Rubiaakane日本茜 #Leptospermumerythrorhizon日本紫 #染料植物 #Naturaldyegarden染料植物を育てる

0回の閲覧

© 2020 by Chiholaine Kamakura | Japan | チホレーヌ鎌倉| 神奈川県鎌倉市由比ガ浜 |