© 2020 by Chiholaine Kamakura | Japan | チホレーヌ鎌倉| 神奈川県鎌倉市由比ガ浜 | 

  • Instagramの - グレーサークル

instagram.com/chiholaine_kamakura

  • Facebook - Grey Circle

facebook.com/chiholaine

フェルト制作アトリエの春夏秋冬

チホレーヌのブログ

「円めがねのひつじ歳時記」

帽子作りのこと、素材のこと、羊やフェルトに関する資料、本建て正藍染めなど、四季折々、フェルト作家のアートな暮らしを綴ります。

ロサ・カニナのアーチ


大切な来客のために摘む花も、冬を前に姿を消し、 ゼラニウムの緑の葉と剪定し忘れた一本のラベンダーの小枝が玄関前の僅かな彩りとなっている。

「お迎えするお花がなくて、、。」と悄気る私に、

「実の季節よ。」と明るい言葉を返してくれる優しい友人。

確かに、我が家の小さなガーデンにバラの赤く熟した実がなっている。

夕方の雨の予報を聞き、明日の来客のために鉢植えの間を行ったり来たり。

摘める葉がないか探した。

弧を描くRosa caninaのつるをくぐり、Rosa eglanteriaの太い刺に指を引っ掛け少し流血し、 立ち竦んで、昨日の永い別れを偲んだ。

今日をもう生きていない人がいる。

空は昨日と同じように雲が流れ、トンビたちは旋回し、

山々の色づきも大して変わらないように見えるのに。

梅の小枝に残っていた二枚の黄葉と、赤く染まったオレガノの小枝を手に入れて、 部屋に戻り益子の小さな花器に飾った。

明日の、

ささやかな、ひとときの空間のために。

今日生きているということ。

明日があるということ。

過ぎていくということ。


21回の閲覧