フェルト制作アトリエの春夏秋冬

チホレーヌのブログ

「円めがねのひつじ歳時記」

帽子作りのこと、素材のこと、羊やフェルトに関する資料、本建て正藍染めなど、四季折々、フェルト作家のアートな暮らしを綴ります。

羊から帽子まで from sheep to hat


草原の羊、山岳地帯の羊、海の近くにいる羊。世界中にたくさんたくさんの品種があります。 羊さんの毛がどうしたらフェルトの帽子になるの?とよく尋ねられます。 毛のキューティクルを開くようにしてあげて(=水分、温度、振動、Phなどの変化を与えて) 最適な条件で絡ませることにより、毛と毛の密度が高くなり(=つまり縮絨シュクジュウ)生地になるのですが、、、

作っている間は、お召しになる方のことを考えています。 どのような色がお好きで、冬のコートやマフラーはどのような色や材質のものかなぁ。被ったら嬉しそうな笑顔になるかなぁ。心を込めて毎日手しごとをしています。 「この帽子が冷たい北風や雪から守り、心も温かく包みますように。」 伝統的フェルト技法について学びたい方は、マイペース&焦らず&集中できるワークショップにどうぞ♪「これだっ!」という発想の閃きと温かな手があれば

他に二つとないものができあがりますよ。 ただし情熱&根気は必須項目なり。

#Naturaldyeing草木染め #Silk絹 #Feltedarthatsフェルティッドアートハッツ

84回の閲覧

© 2020 by Chiholaine Kamakura | Japan | チホレーヌ鎌倉| 神奈川県鎌倉市由比ガ浜 |